離乳食に困ったら、米麹みるくちゃんの出番です。

 

米麹みるくちゃんとは、甘酒のことです。

甘酒と言っても、谷川醸造で販売しているものはノンアルコールのもの。

 

よく、アルコール入っているの?

と聞かれますが、入っていません。

アルコールが入っているものは、酒粕。これには砂糖も加えます。

(スーパーでよく見かける、あの赤い缶です)

 

でも米麹みるくちゃん(以下甘酒)は、糀と米だけで作られている、

シンプルなもの。アルコール分は一切入っていません。

食物繊維も豊富なので、便秘解消にも◎

そして、わたしが何といってもおすすめなのが離乳食!

わたしも自分の子どもが離乳食時期に大活躍しました。

 

【離乳食・初期】

離乳食初期はゴックン期なので、10倍がゆを食べさせます。

この頃から、もう甘酒が活躍します。

甘酒を水かぬるま湯でうすめて、その上澄みをあげます。

それだけです。

お米や糀の部分はまだ食べさせません。

おっぱいばっかりでなかなか離乳食を食べてくれなくて・・・

という悩みはたくさん聞きます。

甘酒は甘みがあるので、赤ちゃんは喜んでお口を開けてくれます。

お米に糀がプラスされているので、おかゆよりも栄養価が高い!というのもうれしいです。

 

*アレンジメニュー*

ちょっとお米ばっかりも・・

と気になるママは、これにすりおろした人参を加えたり、かぼちゃのマッシュや

ブロッコリーを加えてもいいです。

この時のポイントは、味付けはしないほうがいいということ。

甘酒は砂糖のようなガツン!とした甘さではなく、あくまで糀やお米の自然な甘みです。

この味を覚えて、甘いものしか食べなくなるのでは?という心配も特にしなくてもいいと思います。

 

いちばん大切なのは、ママがイライラせずに離乳食を食べさせることです。

ほんの少しでも甘酒がそのお助けになればと思います。

 

DSC_5120b

 

【離乳食・中期】

では次は離乳食中期です。

 

離乳食中期はモグモグ期です。

あらくつぶしたものも食べられるようになる時期です。

 

このころになると、甘酒も上澄みだけではなく

ゆるめたもの食べさせることができるようになります。

それと、このころから大変になってくるのが夜泣きです。

わが家はたそがれ泣きでした。(夕方になると泣く)

よくわからないけど泣く。

最初は、これが夜泣きか~なんて思うのですが、だんだんと自分が眠いのもあり

イライラしてきます。イライラすると、子どもがもっと泣きます。悪循環。

 

心の安定剤?

こういう時にも甘酒です。

少しだけ赤ちゃんの口に入れてあげると、不思議とピタっと泣き止むことがあります。

わが家も、泣いたときはすかさず甘酒を食べさせていました。

もちろん、毎回効果があるわけではないのですが・・。

ママもイライラして不安定な時は、ぜひ甘酒をひと口食べてみてください。

不思議と落ち着きますよ。

 

DSC_5447b

 

ちょうど7ヶ月のころ。

かぼちゃと甘酒のプリンが美味しくて、自分の手まで食べています。

 

DSC_5452a

 

次は離乳食後期です。

 

© 2017 A MarketPress.com Theme