サクラ醤油について

_D4_1780a

サクラ醤油は大正7年に製造を創めました。

それから100年以上輪島を中心とした近隣の地域で親しまれてきました。

・港町のしょうゆは甘い

・海女さん御用達のお醤油

・新鮮な魚介類のようなしっかりとした味にはしっかりとしたうま味と甘み

・それぞれ各地でのふるさとの味

・地方にはその土地の味が残っている

・北陸一帯は甘めの醤油を使うことが多い。

・古くから北海道の昆布を都へ運ぶルート上に位置した北陸では、昆布だしと相性の良い甘めの醤油が好まれたといわれる。淡白な魚介の味わいを引き立ててくれる。

・北陸地方ではおなじみの甘口醤油。海に近い地域ほど甘さが増していき、

漁師さんの料理にはかかせない存在。白身魚の刺身や煮魚、焼きおにぎりにも良く合う。

・強い甘みと旨みが特徴でもあり、漁師さんが船上で料理する際にはこのお醤油だけでも充分だそう。

・輪島の朝市などで販売されている魚の醤油漬けや干物など加工品にもよく利用されています。

DSC_0254

この甘口醤油があれば

とても簡単に美味しい料理ができてしまいます。

この炊き込みご飯は具材とお米1合にお醤油大さじ1杯だけ!

使うお醤油は色がきれいに仕上がる淡口の方がベターです。

© 2020 A MarketPress.com Theme