小学生が工場見学に来ました

DSC_1219

先日のことですが、地元の小学生が工場見学に来ました。

ここ2,3年でかなり見学に来られる方は増えています。

それで随分、説明や対応にもなれた。。。。ところもあります。

 

慣れるというのも良い部分と悪い部分があって、ある程度スムーズにできるようになるこ

とはいいのですが、ワンパターンになりすぎると良くないかなぁとも思うわけで。。。

そもそも説明が上手くないからどこまで理解してもらえてるかな、

楽しんでもらえてるかな、と結構気になったりするんです。

 

まぁそんなこんなありまして、今回はめずらしくおヨネさんに説明役を託しました。

小学生だと女性の柔らかい感じの方がいいのかもねー というわけです。

 

ふむふむ

中々いいじゃないですか。

これからしばらくまかせようかな(笑)

 

一応授業で来ていることもあって質問コーナーなんかもあるのですが、

子供って純粋な分たまに鋭い質問をすることがありますよね。

そういうのすごく印象に残るんです。

 

で、何日も結構考えたりするし。

ということはあんまり上手に答えれていないんですよね。

 

難しいなー まだまだ経験不足、勉強不足です。

がんばろ。

2 Comments

  1. お疲れさまです。こう言う社会科見学って良い試みですね〜。応対する方は子供相手で大変そうですが・・・(笑)。

    子供の鋭い質問は、大人がなかなか思いつかないケースが多いですから、逆に参考になってプラスになりそうですね。

    でも最後はハートの問題ですから、おたかさんの真摯な説明は、たとえ不完全でも思いは子供達に届いていると思いますよ〜。


    Reply to this comment
  2. 天野さん ありがとうございます。

    そうなんですよ。こういう見学もどんどんしていきたいんですよね。
    いつの日かこういう醸造関係の仕事がカッコいい!って子供が感じてもらえるようになったらいいなーなんて思っています。

    そして本当に子どもの質問ってするどいところついてくる子がいて勉強になりますよ(笑)

    そうですね。結局はそこですよね。ハートが大事ですよねー。
    そこにつきます。

    ん~がんばります!


    Reply to this comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2019 A MarketPress.com Theme